鍼治療は痛くない

鍼治療というと、針を使うのでとても痛そうなイメージがありますよね。
しかし、実際には針を皮膚に直接刺しても痛くないという話は有名です。
なぜなら、痛みを感じないような工夫がされているからです。
最大の工夫は、針の細さです。
日本の鍼灸治療で使われている針は、かなり極細です。
そのため、あまり痛みを感じずに治療を受けることができるのです。
なぜ痛くないのかというと、人間の皮膚は、鍼灸院で使用されるような細い針を刺しても、痛みを感じにくいようにできているそうです。
もう一つの工夫は、管鍼法という治療法を用いていることです。
鍼管という針挿入用の筒を使うのですが、これを使うと、針が曲がらずにまっすぐ挿入することができ、痛みを感じにくいそうです。
さらに、押手という鍼灸師のテクニックも重要になってきます。
指で皮膚に圧力をかけ、針を刺した時痛みを感じにくくすることができます。
これは鍼灸師のテクニックにかかっているといえますね。
このように、針治療では痛みを感じない工夫がされています。
痛みが怖くてなかなか足を踏み入れられない方は、ぜひ気軽に行ってみてください。