税理士の無料記帳指導は貴重な体験

私が独立・起業したのは、もう10数年前の話です。
そのとき、税務署まで出向き、個人事業主として「開業届」の提出を行いました。
また、青色申告(65万円控除)をしたほうがお得だと聞いて、関連書類を提出したことや、税理士の無料記帳指導の案内を受けたのを思い出します。
その後、多少の時間がありましたが、税理士に直接指導を受けることによって日頃感じてきた疑問点を解消することができました。
ちなみに、私は簿記検定3級に合格しているほか、金融窓口などでの仕事経験もあるため、記帳のイロハから始めなくても済みました。
しかし、決算にともなう次年度への繰り越しなど、日頃とは異なるケースに戸惑うことも少なくなかったのです。
必要経費の分類に迷ったこともありましたが、税理士に相談することで解決につながりました。
ちなみに、税理士の無料記帳指導は数回にわたり、すべて自宅で受けることができました。
事前に訪問日がわかるため、質問したいことを整理できることも大きなメリットだと感じています。
これから、独立・起業する人のなかには、簿記の知識や経験を持つ人もいるかもしれません。
しかし、せっかくの機会なので、税理士の無料記帳指導を受けてはいかがでしょうか。