車検代金の相場

新車なら3年後、それ以降は2年おきにしなければならない車検、それもタイヤなどを変えたら結構高くつきます。
「お金がないから車検できない」という方、車検を受けていない車を公道で走らせることはできません。
車検が切れてしまった場合は、その車を移動させるためのキャリアカーが必要になります。
車をより安全に乗っていく上では仕方のないことですが、特にどこも直さない場合でも、軽自動車なら5万円~7万円前後、小型乗用車1トン以下なら6万円~8万円、中型乗用車1.5トンまでなら7万円~9万円、大型乗用車2トンまでだと8万円~10万円、2.5トンまでなら9万円~11万円が相場のようです。
車検費用の中には、車検基本料プラス法定費用が含まれます。
内訳として車検基本料の中に、24ヶ月点検整備料、検査料、代行手数料が入っています。
法定費用というのは、国や保険会社に支払うお金で法律で決められています。
内訳は、自賠責保険料(車の所有者が必ず入らないといけない保険)、自動車重量税(車検のときに国に払う税金)、印紙代(自動車検査証を発行してもらうために国に払う手数料)となっています。