弁護士の婚活事情を知る

「婚活」という言葉が流行りだしてから、かなりの年月になります。
いまでは、多くの「〇活」があるため、婚活はそのひとつに過ぎないのかもしれません。
また、婚活していることを大々的にアピールする人も多く、婚活は特別なものではないようにも考えられます。
結婚相談所を利用することも、効率的な婚活のひとつです。
ただし、婚活を頑張っても、結婚につながらないケースも少なくないようです。
もちろん、異性との出会いを経験しても、結婚に踏み切れない場合もあります。
ちなみに、弁護士が結婚するタイミングとして、弁護士になりたての時期が挙げられます。
そうなるためには、大学やロースクール時代に相手と出会うことも大切かもしれません。
一方、仕事が軌道に乗るまでは結婚しない人もいるようです。
受験勉強(司法試験)も含め、弁護士になるために大変な時期を過ごしてきただけに、ひとりで羽を伸ばす時期が必要なのかもしれません。
なお、男性弁護士のなかには、イケメン、高身長など、いろいろな条件が揃っているのに、婚活で失敗する人もいるようです。
やはり、その男性の性格(女性をリードするのが苦手など)が関係しているのかもしれませんね。